スキップしてメイン コンテンツに移動

フランス大使館へ行った時の話|フランスワーホリ

VISA申請のことについて一通り書かせていただきましたー。

なのでフランス大使館へ行った日のことを書かせていただきます。

まずフランス大使館へビザ申請を行うには、大使館へ予約が必要になります。
予約の仕方はフランス大使館のHPへ行って予約のページから予約を行います。

予約は結構先まで埋まっているので、早めに予約していただくのがおすすめです。私は余裕だろうなと甘く考えていたら、結構埋まっていて予約ができたのは朝9時半からでした。

早いなー。
11時くらいが希望でした。(笑)
しかし、遅めの時間はすでに予約がいっぱいだったため断念。

話を戻して、フランス大使館へ行った日のことを。

ビザ申請日の当日は、結構ギリギリで2〜3分ぐらい前に到着......。(予約していた時間の30分にフランス大使館へ行く人も行くようです。早い!)

フランス大使館では、ビザセクションはビザセクション用の入口が用意されており、正面から見て左手にあります。

ギリギリだった私は、駆け込むように入口へ。

入口はダブルドアになっています。1つめのドアを開けるとまず自分の名前と予約していた時間を待機している警備員さんに伝えます。あとパスポートも一応見せます。そのあとはカバンの中身をチェックされ、空港などでやる金属探知機のゲート?をくぐります。

一通りチェックが終わったら、中へ。

中に入ると自由に座れるスペースがあるので、そこで名前が呼ばれるまで待ちます。ビザセクションには4つカウンターがあって、3つは面接(簡単な質問)・書類提出を行うカウンターで、奥にある1つのカウンターがビザ申請代金を支払ったり、写真をとったりする場所でした。

私が行った日は、日本人女性2人とフランス人の男性がカウンターに座っていました。見た感じ特に怖そうな?印象は受けませんでした。

予約時間は9時半でしたが、予約していた時間の15分後ぐらいに名前を呼ばれてカウンターへ。

まず書類を提出。そして書類をチェックされながら、いくつかの質疑応答が始まります。

受けた質問内容は

・ワーキングホリデービザであっているか?
・年齢
・住む予定の場所の所有者との関係(友人宅の住所を記載したため)
・この書類は自分で作ったのか?
・志望動機について
・出国日程について(チケットを取っていたため日付をはっきり記載していました。)

でした。意外とあっさりと終了。

あとは書類で不備があったところの修正をいくつかやりました。(VISA申請についてでも書きましたが、出生地の市町村を書き忘れたのと健康診断書にローマ字で名前が書いてなかった点です。)修正が終わったら、再度一通りチェックされ、健康診断表や残高証明書などの原本を返却されました。

そして「また呼ばれるまで、待っててください」と言われ座って待つことに。

5分後くらいに名前が呼ばれて、奥のカウンターヘ。
パスポートと同じサインを書いて、写真をとり、指紋をスキャンされました。
ワーキングホリデービザは、申請料金がかかりませんのでお金は支払わななくて大丈夫です。(知っているとは思いますが念のため)

そして最後にパスポートの引換券のような紙をもらい終了です。
直接受け取りの方は受け取るときにこの紙が必要ですが、郵送を希望の人は郵便物を受け取るときには必要ないので、とりあえず大切に保管だけしておきましょう。

全てで30分かかるかかからないかぐらいの短い時間でした。

私はビザ申請が終わったらホームワークスでサンドイッチでも食べて帰ろーなんて思っていましたが、予約時間が早かったので空いておらず断念。

特にどこも寄らずに帰宅しました。
もし11時以降に広尾で何か食べたい時にはおすすめです。

ホームワークス
http://www.homeworks-1.com/

話は戻ってビザ申請。

基本的にビザ申請に必要なものは

・ビザ申請書類一式
・フランス大使館への予約票

のみです。

逆に言うとこれを1つでも忘れてしまうと危険です。なので、何回も書類もれがないかチェックをしましょう!

これからビザ申請を行う誰かのためになればと思います🙏

ビザ申請書類などのついては下記の記事もよければ参考にみてください😀

👉VISA申請について
👉長期ビザ申請書類について
👉滞在中の計画書と履歴書について



最後まで読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。

押していただけるとブログ更新の励みになります。
よければポチっとクリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村








コメント

このブログの人気の投稿

Louise Damas Paris

フランス語とフランスのワーホリとはちょっと関係のない記事を
フランスのモデルジャンヌダマスのお姉さんであるルイスダマスがやっているブランド「Louise Damas Paris」でアクセサリーを購入しました。
アクセサリーをネットで購入するのは初めてでしたが、探していたデザインだったのと値段がちょうどよかったので、ポチリ。 購入したのは小さなゴールドの丸いプレートがいくつかついているデザインのネックレス。 チェーンが短めでチョーカーのようにつけれます。また長さの調節ができるので、少しゆったりつけることができます。
ルイスダマスのアクセサリーは1つ1つ手作りらしいので、注文から到着まで時間がかかるようです。フランスから送られてくるので「1か月くらいかかるかなー」と思っていたら、意外と早く注文してから2週間ほど時間がたってから届きました。
手元に届いたネックレスをみて、素材がゴールドではなくゴールドプレート(メッキ)なのでゴールド感が強くて少しチープな感じもしましたが、それはそれで可愛いです。 また値段もいいし、同じようなデザインのジュエリーがゴールドだと5万~15万くらいで販売されているのをみると約1万でこれはこれでいいかなと。
とても気に入っています😊💗
Louise Damas Parisが気になった方は是非サイトを覗いてみてください。 お手頃な値段の可愛いアクセサリーがいくつもありますよ。
http://www.louisedamas.fr/


またLouise Damasのインスタでもアクセサリーのイメージをみることができます。




Tuesday... Back to work 🔨 #louisedamas #handmade #jewelry #paris Louise Damasさん(@louisedamas)がシェアした投稿 - 2017 5月 23 5:35午前 PDT

航空券について|フランスワーホリ

フランスにワーホリに行くときに欠かすことができないものといえば、航空券ですよね。今回はフランスワーホリのために、航空券をとったときのことを簡単に紹介させていただきたいと思います。

基本ワーホリように買う航空券は

片道航空券
FIX航空券
OPEN航空券
FIX/OPEN航空券

4種類にわけられるといわれています。

ざっくりこの違いを説明すると

片道航空券
⇒そのまま片道分のチケットで帰り道の航空券がない。

FIX航空券
⇒出発するまでにすべて決めるチケット。あとで変更が基本できない。(すべてとは、出発日、帰国日の日時、席の場所)

OPEN航空券
⇒行きの内容は予約時に確定する。しかし、帰りは決められた期間内であれば変更が可能。

FIX/OPEN航空券
⇒OPEN航空券とほぼ一緒だが帰りの設定を行わないでも購入できる。帰りは現地で予約する。

こんな感じでしょうか。


このなかで私は、OPEN航空券を選択しました。

OPEN航空券を選んだ理由としては

・片道だと帰るときにチケット購入するのがめんどくさそう

・フランスのワーホリは1年だからFIX/OPEN航空券のように1年以上向けの人のでなくてもいい

・すべて決めるより、ある程度融通がきくのがいい

などの理由からです。

航空券を探すにあたって特におすすめのサイトなどはないですが、

検索はGoogleなどで「OPEN航空券 フランス」で調べると出てきます。また、ほとんどの航空券販売サイトでは、「詳細設定」や「こだわり検索」などで航空券の種類を選び探すことができます。私はこの方法で検索し、購入までにいたりました。

基本的に航空券は2~3か月前に予約するのがいいらしいのですが、わたしはなぜか焦っていたのと友人にせかされたこともあり、4か月前にとりました。早いですよね...。

余談ですが、時期が早すぎたせいなのか中国国際航空で1円~とでているOPEN航空券もありました...。すごく怪しいですが。バグかな。

話を戻して、
私はなるべくトランジットをしたくなかったので、直行便で探したところOPEN航空券がANAで16万ほどでみつかりました。

航空券の購入は、通常購入申請をしてその航空券の販売をおこなっている旅行代理店の人と時期や支払い方法などのやりとりを行います。私が購入したのは旅行代理店からでした。そのため色々OPEN航空券についての説明を受けることが…

滞在中の計画書と履歴書|フランスワーホリ

フランスへのVISA申請に続いて、長期ビザ申請書類についてかかせていただきました。今回は滞在中の計画書と履歴書について書きたいと思います。

これは英語かフランス語のどちらで作るか選ぶことができます。私はフランス語で作成しました。

この滞在中の計画書と履歴書の何が面倒ってフリーフォーマットというとこですよね。計画滞在表はなんとなく、イメージできますが履歴書って!?と私は頭が混乱状態へ。

日本では履歴書のフォーマットが用意されていますが、海外では基本的に日本の様な履歴書ないようです。そのため、長い文章にして自己紹介・経歴などを書く人もいれば、要点をピックアップしてまとめて書く人など様々なようです。

履歴書も計画書も書き方がまったくわからなかったので、フランスから日本にワーキングホリデーしていたフランスの方に聞きました。その方たちも日本に来る際に同じようなものを作ったよと見せてくれたので、それを参考に自分のを作成しました。

よければ計画書と履歴書の例を作ったので、参考にしてみてください🙂

まずは計画書です。




※追記:パソコンでみていただいたほうがみやすいかもしれません。💦

「Detail du plan」は計画書のことです。
お分かりの方も多いと思いますが、一応日本語で書いてある部分も本番ではフランス語にしています。念のため。

基本的に計画書では

・名前
・日時
・行う予定

が記載されていればいいようです。
※仕事と専門的な学校で学ぶことなどは書かない方がいいようです。

またこの計画書をかくに当たって私は、

 ・フランスのことについて学ぶ意思がある
・場所などの細かな記載をなるべくする
・日本に帰る意思がある

 ことを重視して書きました。
全然予定が浮かばない!という方には、フランスの行事が書かれているサイトなどをみて行くか行かないかは別として、とりあえず予定を書き込むことをオススメします。

私が参考にしたのはこのサイトです。
▽2017年のパリ | パリナビ
http://paris.navi.com/special/80001723

上のはパリのみですが、他の地域のものだと
▽agenda |  フランス観光 公式サイト
http://jp.france.fr/ja/dispatch/agenda

他には行く場所の名前と住所を必ず記載しました。場所の名前がわかったら…