スキップしてメイン コンテンツに移動

ラジオでフランス語



フランス語に耳を慣らすために
フランスのラジオも聞き始めました。

Radio France Internationale - RFI


このRadio France Internationale(ラジオ・フランス・アンテルナショナル)は
国際放送で1975年にスタートして1986年にラジオ・フランスから独立して
放送されているようです。
-wikiより



結構な歴史があるんですね。全然知りませんでした。


ラジオを聞いていて気になったフレーズを

On fait
(オンフェット)

 parce que
(パスク)

この2つのフレーズやたら出てくるので調べたら

On fait
(オンフェット)
⇒実際は~、本当は~

 parce que
(パスク)
⇒実は~、だから~

のような意味があるようです。
英語で置き換えると

On fait
(オンフェット)
⇒Actually

 parce que
(パスク)
⇒Because

みたいな感じでしょうか?

そう考えると結構使いやすい、使えそうな単語ですね。


写真はパリの1区にあるパレ・ロワイヤル(Le Palais Royal)。





パレ・ロワイヤルにはアートギャラリーやリックオウェンス(Rick Owens)やピエールハーディ(Pierre Hardy)などのモードなお店が入っていますよねー。

シックな佇まいが素敵です👏

コメント

このブログの人気の投稿

Louise Damas Paris

フランス語とフランスのワーホリとはちょっと関係のない記事を
フランスのモデルジャンヌダマスのお姉さんであるルイスダマスがやっているブランド「Louise Damas Paris」でアクセサリーを購入しました。
アクセサリーをネットで購入するのは初めてでしたが、探していたデザインだったのと値段がちょうどよかったので、ポチリ。 購入したのは小さなゴールドの丸いプレートがいくつかついているデザインのネックレス。 チェーンが短めでチョーカーのようにつけれます。また長さの調節ができるので、少しゆったりつけることができます。
ルイスダマスのアクセサリーは1つ1つ手作りらしいので、注文から到着まで時間がかかるようです。フランスから送られてくるので「1か月くらいかかるかなー」と思っていたら、意外と早く注文してから2週間ほど時間がたってから届きました。
手元に届いたネックレスをみて、素材がゴールドではなくゴールドプレート(メッキ)なのでゴールド感が強くて少しチープな感じもしましたが、それはそれで可愛いです。 また値段もいいし、同じようなデザインのジュエリーがゴールドだと5万~15万くらいで販売されているのをみると約1万でこれはこれでいいかなと。
とても気に入っています😊💗
Louise Damas Parisが気になった方は是非サイトを覗いてみてください。 お手頃な値段の可愛いアクセサリーがいくつもありますよ。
http://www.louisedamas.fr/


またLouise Damasのインスタでもアクセサリーのイメージをみることができます。




Tuesday... Back to work 🔨 #louisedamas #handmade #jewelry #paris Louise Damasさん(@louisedamas)がシェアした投稿 - 2017 5月 23 5:35午前 PDT

滞在中の計画書と履歴書|フランスワーホリ

フランスへのVISA申請に続いて、長期ビザ申請書類についてかかせていただきました。今回は滞在中の計画書と履歴書について書きたいと思います。

これは英語かフランス語のどちらで作るか選ぶことができます。私はフランス語で作成しました。

この滞在中の計画書と履歴書の何が面倒ってフリーフォーマットというとこですよね。計画滞在表はなんとなく、イメージできますが履歴書って!?と私は頭が混乱状態へ。

日本では履歴書のフォーマットが用意されていますが、海外では基本的に日本の様な履歴書ないようです。そのため、長い文章にして自己紹介・経歴などを書く人もいれば、要点をピックアップしてまとめて書く人など様々なようです。

履歴書も計画書も書き方がまったくわからなかったので、フランスから日本にワーキングホリデーしていたフランスの方に聞きました。その方たちも日本に来る際に同じようなものを作ったよと見せてくれたので、それを参考に自分のを作成しました。

よければ計画書と履歴書の例を作ったので、参考にしてみてください🙂

まずは計画書です。




※追記:パソコンでみていただいたほうがみやすいかもしれません。💦

「Detail du plan」は計画書のことです。
お分かりの方も多いと思いますが、一応日本語で書いてある部分も本番ではフランス語にしています。念のため。

基本的に計画書では

・名前
・日時
・行う予定

が記載されていればいいようです。
※仕事と専門的な学校で学ぶことなどは書かない方がいいようです。

またこの計画書をかくに当たって私は、

 ・フランスのことについて学ぶ意思がある
・場所などの細かな記載をなるべくする
・日本に帰る意思がある

 ことを重視して書きました。
全然予定が浮かばない!という方には、フランスの行事が書かれているサイトなどをみて行くか行かないかは別として、とりあえず予定を書き込むことをオススメします。

私が参考にしたのはこのサイトです。
▽2017年のパリ | パリナビ
http://paris.navi.com/special/80001723

上のはパリのみですが、他の地域のものだと
▽agenda |  フランス観光 公式サイト
http://jp.france.fr/ja/dispatch/agenda

他には行く場所の名前と住所を必ず記載しました。場所の名前がわかったら…

VISA申請|フランスワーホリ

VISA申請無事通りました!わーい。

なので、今回はワーホリVISA準備についてご紹介したいと思います!

ワーホリVISAの申請書類については色んなブロガーさんが紹介をしているので、
私が気になった点などをメインに紹介できればと思います。

まず基本的なことを

・必要な書類はフランス大使館のHPよりダウンロードできる。
・ワーホリVISAの申請は3か月前よりおこなえる。
・VISA申請するにはフランス大使館へ予約する必要がある。

などでしょうか。

あとはパスポートの期限、年齢などでしょうか。
これらのことは、詳しくはフランス大使館のHPで見ていただくことが確実ですので詳細の記載は控えます。


2017年度のフランスワーホリ申請ビザの申請を行うにあたって必要な書類ですが、フランス大使館のHPでダウンロードできるものは

・申請書類チェックリスト
・長期ビザ申請書類
・申請動機作文
・ワーキングホリデービザ 宣誓書 

の4つになります。

フランス大使館のHPでダウンロードできない必要なものは

・証明写真
・パスポート
・滞在中の計画書と履歴書
・健康診断書
・海外旅行保険加入証明書
残高証明書
・レターパック(手渡しの510円で販売されている赤いやつです。)
 もしくは600円分の切手を貼った封筒

の6つです。

そしてビザ申請当日に上記以外の書類で必要なものは

・受付表(フランス大使館へのVISA申請の日時予約が完了したら)

となります。

それでは、1つ1つ気になるポイントとともに見ていきたいと思います。

・申請書類チェックリスト
これは1部(1枚)で大丈夫です。
またフランス大使館へ持っていく際には事前にチェックをおこない
チェックマークをいれておきましょう。

・長期ビザ申請書類
これも1部(1枚)です。
長期ビザ申請書類は、英語もしくはフランス語のどちらか選び書きます。
私はフランス語にしました。
これについてはまた後日書きたいと思います😃

追記:長期ビザ申請書類について書きました!参考にこちらも見てみてください。


・申請動機作文
これは1部(2枚)です。
こちらは英語でもフランス語でも日本語でも大丈夫です。
私は日本語で書きました。
1枚目のページには個人の情報と学歴、職歴などを書きます。
日本語で書きましたが、一応平成○○年ではなく、西暦のほうで2015年~と書きました。

作文のほうは申請動機を…